京都府のバイト・アルバイト・パートの求人情報一覧

京都県のバイトやパートの求人をまとめて比較や横断検索、一括応募もできるギガバイト。昔の日本らしい日本を知りたければ、京都に行こう。昔の姿を残した建造物、継承された文化をひと目見に、国内外から観光客が集まります。

今注目のアルバイト

有料,デイ,特養,老健,訪問etc..[派遣]施設内介護・看護、介護福祉士・社会福祉士、デイサービス[派遣]日給24,000円~26,000円◆夜勤専従の方は上記日給 【交通費】全額支給少し距離のある方も安心です※家チカ・駅チカなど通勤が楽な職場もご紹介できます

京阪本線中書島駅

【給与】完全出来高制  ▼給与詳細 1通:20~30円 ▼月額報酬例 1日75通×1通20円×20日=【3万円】【給与支払】月1回振込:20日締め/10日払い【交通費】なし

JR西日本山陰本線(京都-下関)亀岡
JR西日本山陰本線(京都-下関)馬堀
嵯峨野観光鉄道嵯峨野観光鉄道トロッコ亀岡
JR西日本山陰本線(京都-下関)並河
JR西日本山陰本線(京都-下関)千代川

【給与】時給1350~1600円+交通費全額支給※経験により給与が異なります。 <収入例> 【最高月収28万1600円!】+交通費 =MAX時給1600円×8h×22日 <日収例> ◆夜勤だと… 【3万800円】+交通費 =MAX時給1600円×6h +MAX時給1600円×1.25×7h +時間外手当(MAX時給1600円×1.5×3h) ◆日勤だと… 【1万2800円】+交通費 =MAX時給1600円×8h【給与支払】日払い日払い・週払いOK!(規定あり)【交通費】別途全額支給※ガソリン代は1kmで20円の支給

阪急電鉄阪急嵐山線嵐山
京福電気鉄道京福電気鉄道嵐山本線嵐山

【給与】完全出来高制  ▼給与詳細 1通:20~30円 ▼月額報酬例 1日125通×1通20円×20日=【5万円】【給与支払】月1回振込:20日締め/10日払い【交通費】なし

JR西日本山陰本線(京都-下関)綾部
JR西日本舞鶴線綾部
JR西日本山陰本線(京都-下関)高津
JR西日本舞鶴線高津
JR西日本舞鶴線淵垣

スポーツインストラクター・コーチ/ピアノ講師/ヨガ講師・インストラクター 時給1,500円~8,000円 1コマ(60分)につき1,500~8,000円 ※指導経験・実績により変動あり ※能力や実績に応じた報酬体系になります。 ※研修中の報酬変動なし

叡山電鉄叡山本線宝ヶ池駅
※生徒数全国No.1!お住まいから近くの生徒さんをご紹介しやすいのも、当社の強みです。ご希望のエリアをご相談ください。

【給与】時給1300円以上 ※交通費支給頑張ってくれる方はどんどん給与UP★ 時給2000円で働くスタッフも♪ ◆研修期間中の給与変動なし ◆インセンティブあり(成約1件につき、3000~5000円) ◆月収例 時給1300円×4.5h×8日間+インセン3万=【7万6800円】  【給与支払】月1回【交通費】別途一部支給

JR西日本山陰本線(京都-下関)二条 徒歩6分
京都市交通局京都市地下鉄東西線二条 徒歩6分
京都市交通局京都市地下鉄東西線二条城前 徒歩10分
京都市交通局京都市地下鉄東西線西大路御池 徒歩15分
JR西日本山陰本線(京都-下関)円町 徒歩15分

厳選アルバイト特集

こだわり条件

京都府のバイト事情

京都府ってどんなところ?

京都府内の人口の半数以上が、昔から京都市に集まり、観光客のほとんども京都市周辺に訪れます。海に面しているイメージが少ないですが、日本三景の天橋立は京都府内になります。平安時代から日本の中心として文化・芸能も発展し続けており、その名残が文化遺産として残っています。山を借景とし清水寺などから見える山々が日本の四季をより感じさせます。産業としては、農業や工業も盛んですが、市内は大都会の顔を持ちつつ程よく京都らしさを残した商業施設が立ち並びます。最低賃金(時給)は、909円(2019/10/1発行)。

求人の傾向と特徴

求人の7割は京都市に集中し、職種も飲食や販売・接客のバイトが目立ちます。市内以外は人手不足が続くいているため、農家の手伝いや食品加工会社での仕事などもあります。有名大学もあることから家庭教師などのバイト募集もしており、観光系スタッフ募集、というのは意外に少ないですが、長期休暇が極端に繁忙期になるため、スポット的な単発バイト募集もされます。リゾバもあるので、興味ある方は定期的にチェックすることをおすすめします。

求職者のライフスタイル

市内は、住みたくてもなかなか外部の人間が住めないとも言いますが、千年以上の歴史が残る古都なので、周囲も理解があります。プライドが高い人もいますが、観光地でもあるため物腰は柔らかです。滋賀や大阪など他県からバイトに来る人もいるため、自分と同じ出身地の同僚がいるか聞いてみるのも基準の一つとなりそうです。飲食店等でも上品な店が比較的多く、外国人旅行者が多い場所では、英語や中国語対応できると重宝されます。